アルミヒサシ

パッシブデザインの基本アイテム。日射の遮蔽を侮ることなかれ。

almhisashi_t1
almhisashi_t2
almhisashi_t3
almhisashi_t1
almhisashi_t2
almhisashi_t3

パッシブな工夫

パッシブデザインの手法として、代表的なものは「ダイレクトゲイン」があります。
太陽の光と熱を、いかにして室内に呼び込むか。そして、日射の強すぎる時期には、それをいかにして遮蔽するのか。
窓の前に落葉樹を植えるのも良いでしょう。カーテンにはない優しさを持つ、障子で仕切ってみる。すだれを垂らす。緑のカーテンでオーガニックな雰囲気を楽しむ。
そして、光だけでなく、雨よけにもなる庇を設置する。

昨今、コストやデザインだけを重視して、庇を持たない住宅も多く見受けられます。
しかし、庇は大切な役割を持った建物の一部です。光を防ぎ、雨を防ぎ、汚れから窓周りを守ります。きれいに長く住む家には、欠かせないものです。

アルミヒサシは、軽量で取り回しも良いアルミでつくられた、シンプルでデザイン性の高い庇です。
先端にある穴は、すだれを取り付けるためのものです。
まさに、パッシブデザインの必須アイテムといえるでしょう。

a_pas02

長寿命のダブルコーティング

軽量で加工性もよく、意匠性も高いアルミですが、やはり長期間の使用での劣化は避けられません。
アルミの庇でよく目にするのは、白いポツポツが現れたり、白っちゃけたりする事例です。この劣化をなくすことはできませんが、表面加工をすることで、極力遅らせることができます。
人工的にアルミニウム表面に分厚い酸化アルミニウム被膜を作る「アルマイト処理」に加え、表面の美観を増し、耐久性も上げる「クリア塗装」も施しました。
アルマイト処理だけのものに比べ、耐食性・耐摩耗性をアップさせたアルミヒサシは、小さいながらも手の物語自慢のアイテムです。

「びおソーラー」の設計者・松原美樹の手による製品設計は、シンプルさを追求した、納得のシルエットです。

施工事例

a_jirei01
 

アルミヒサシ規格

  ALE300-S ALE300-M
モジュール メーター
幅(mm) 300 300
長さ(mm) 910 1000
高さ(mm) 107 107
重量:約3kg(ALE300-S)
原材料:アルミ
板厚:3.0t
表面処理:アルマイト処理+クリア塗装
付属品:SUS M6x45 ナベタッピング / SUS M6x25 ボルト&ナット

【外形図(ALE300-S/M)】

a_zumen01

【参考収まり図】

a_zumen02

半製品一覧

  1. sum001
  2. e_shamei2
  3. jpanel-img03
  4. wip
  5. 空気集熱式パッシブソーラー
  6. kinosenni-img05
最近の記事 おすすめ記事
  1. panf01
  2. つくばのベーシックハウス
  3. テーマC
  4. 03
  5. 02
  6. apartment鶉
  7. 54240529_2120290131392993_7922632596337221835_n1
  1. p_korekara10
  2. p_hoshiya01
  3. planner001
  4. hagi03
  5. もっと建築でやろうよ
  6. p_umaji01
  7. bioben09

空気集熱式ソーラー『びおソーラー』の開発・普及・販売を行っています。
  • 36 Posts
  • 159 Followers
  • 248 Following
InstaNow Lite Plugin by TieLabs