「びお養成塾」問い合わせが増えています

8/28から3泊4日で開催される、工務店Web担当者のための「びお養成塾」
多くのお問合せをいただき、お申し込みも増えてきました。

webjyoshi002

Webするって、何だろうか?

猫も杓子も(禰子(めこ)=神主も、釈子(しゃくし)=僧侶もから訛(なま)って使われるようになった言葉。要するに、だれもかれも)、Webの時代がやってきたといわれます。

朝日新聞7/15の記事によると、ネットがテレビの利用時間を上回るようになり、ネット利用時間は、全世代で同10・3%増の99・8分、4年連続で増えています。年代が低くなるほどテレビの視聴が短く、ネットが長くなっているので、年を追うごとにテレビや新聞で情報を得るより、ソーシャルメディアへの依存が高まるのは必至の流れです。
というわけで、工務店業界もWebへの関心が日々高まっています。時間と空間を超えてつながる新しい世界を、どう理解すべきかについて、最初に触れます。

問いたいのは、デザインすることの本質です。今、われわれは色々なデザインに囲まれて生活しています。現代人は、テレビや新聞、雑誌や書籍、インターネット、看板などによるデザイン洪水の中を生きているようなものです。

この場合、デザインとは情報そのものを意味します。例えば、テレビで流れる地震情報は、急を告げる音響が鳴って文字が流れます。これは情報であると共に、一つのデザインです。地下鉄の出口は看板による記号で示されます。記号社会と言われるユエンですが、初めて降りた駅では、この情報(デザイン)がなければ出口が分からなくなります。

あなたが働く工務店が、地域の人たちにとって、どんな存在で、どんな伝わり方をしているのか、地震情報のように、地下鉄の看板記号のように明確なものになっているでしょうか。無論、あんなふうに単純にやれませんが、見えないこと、伝わっていないことを、どうデザインするか、企画・編集の仕事が果たす重要な役割です。

どの工務店も地域に在しています。わが工務店の実像を、地域の人にどう伝えるのか、ドメインという識別子を、意味あるもの、価値あるものとして伝えるには、アウトプットを急がず、まず自分たちの存在自体を見定め、自分が住む地域を解き、しっかりインプットすることが先決です。

金子みすゞに「見えぬけれどもあるんだよ」(「星とたんぽぽ」より)という詩があります。そう語れる自分になるため、一緒に勉強しましょう。

詳しくは、町の工務店ネットのwebサイトへ。

関連記事

  1. furniture

    建築家・河合俊和さんデザインのJパネル30を使用した家具の型紙を公開!…

  2. Wソーラーの家

    びおソーラー&びおモジュールの家が日本エコハウス大賞・特別賞受賞!

  3. fukidashi_sample

    床吹出し口のカラーサンプルをご用意いたしました

  4. 170907okasei

    びおソーラー・出張勉強会を行っています

  5. il_akiyama

    「びおソーラー実践塾」、開催決定!

  6. クルットスケダナ

    [家具追加!]建築家松澤穣さんデザイン、Jパネル30を使用した家具型紙…

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

  1. e_machikadoo
  2. e_meso
  3. hyouganatu02
  4. e_shamei2
  5. almhisashi
  6. jpanel-img03
最近の記事 おすすめ記事
  1. kamakura
  2. msh_as002
  3. msh_as001
  4. msh_as004
  5. msh_as003
  6. msy004
  7. msy003
  1. netatmo_photo
  2. p_shimotajima01
  3. p_bouldering01
  4. image02
  5. bioben09
  6. p_korekara10
  7. kamakura