【終了】6/27「見て聞いて、触ってわかる、びおソーラー勉強・相談会」申込

「見て聞いて、触ってわかる、
びおソーラー勉強・相談会」お申込み

bu_kengaku

6月27日(火)、静岡県浜松市にて、びおソーラーを学ぶ勉強会を開催します。※開催概要はページ下部に。


はじめてでも、大丈夫。
これから「びおソーラー」に取り組む人に、ぜひ参加してもらいたい勉強会です。
納得行くまで、見て、聞いて、触ってください。

びおソーラーの家を見る

びおソーラーが導入された家を見学します。
部材がどういう風に収まるのか。あの部材はこうやって使うのか。
百聞は一見にしかず。

びおソーラーの面白さ

現場で迷わない、を合言葉に施工性を突き詰めています。実物で確認してください。

現場で迷わない、を合言葉に施工性を突き詰めています。実物で確認してください。

おひさまと向かい合って、そのチカラをうまく利用するために、
現場で、簡単に施工が出来るように。
住まい手が、快適な暮らしが出来るように。
安く、誰でも手に入れられるように、頭を絞って考えました。

参加のみなさんにも、少しでもその思いを伝えて、一緒に面白がってもらいたいんです。

びおソーラーの効果

1706_2

びおソーラーは、どんな働きをするんだろう。
びおソーラーを入れたら、どんな家になるんだろう。
びおソーラーの効果を学びます。

びおソーラーを構成するもの

集熱ユニットを構成するパネル、室内に空気を取り込むダクト接続ボックス、空気を床下に送るソーラーファンボックス、室内に据え付ける床吹き出し口など、構成部材を展示します。

屋根の上に収まる部材も、地上でじっくり見られます。

見て、触って、もちろん写真もどんどん撮ってください。

びおソーラーで、目指せ! 自然室温で暮らせる家

自然室温で暮らせる家をつくるための、五原則。

建設地の気候特性を正しく把握し、建築計画に盛り込むこと
建物の断熱・気密性能を高めること
熱を取得すること(集熱)
熱を蓄えること(蓄熱)
熱と空気の動きをデザインすること

きちんと意識してますか? 設計のポイントをお伝えします。
特に、はじめての方は「集熱」が苦手な傾向が見られます。

屋根や壁など、びおソーラーのパネルを設置する位置で、集熱量は大きく変わります。
いま計画のその案件、屋根の方位は? 勾配は? 

などなど。びおソーラーに取り組む建築人、必見の勉強会です。
びおソーラーと、その周辺情報も、最新にアップデートしてお伝えします。

びおソーラー以外の情報も、盛り沢山です!

びおソーラー以外の情報も、盛り沢山です!

【オプション・要申し込み】自社の図面を見ながら相談しよう。

テキストや、スライドショーを使った勉強会もいいけれど、
図面を広げて、ここはどうなの、こっちはどうすればいいの、と丁々発止やるのも、相談会の醍醐味です。

相談会は、勉強会とは別の予約制です。
希望者のみ、下記時間帯にて予約制で個別相談会を行います。

図面をお持ちください。
平面、立面、配置図だけでなく、基礎伏図や矩計図などもあると、相談がスムーズです。

 【開催時間】
 午前の部(10:00〜11:00の間で30分)
 午前の部(17:00〜19:30の間で30分)

開催概要

【日時】
6月27日(火)12:00〜17:00

【場所】
静岡県浜松市(JR浜松駅近くに集合)

【参加費】
5,000円(税込)[バス代・会場費等]
(過去にびおソーラーのイベントに参加され、びおソーラーマニュアル・パンフレットをご持参の方は3,000円)

※事前申込み。参加費の事前振込みが必要です。
会場地図、詳しいプログラム、参加費ご入金先等は、参加お申込み確認後、Eメールにてご案内申し上げます。
定員に達し次第締め切らせていただきます。

 


[お問合せ]
手の物語有限会社 TEL.053-570-9012(受付:月〜金、9:30〜18:00)

関連記事

  1. bio_newsletter-1024x724

    8/28 工務店Web担当者のための「びお養成塾」と特別講座

  2. nekotitle08

    【終了】8/9・7/13「びおソーラー、作り方と伝え方研究会」開催