『本』 宮田香里

宮田香里 画
「文字」を詠む

〜色鮮やかなイラストが、タイトル文字と絡み合い、心に刻まれる〜

季刊誌『そう』(発行:春夏秋冬叢書)に掲載された俳句の挿絵より。現在までに約50作品を制作。


『本』(キャンバス)
期間限定特別価格¥ 9,800(送料・税別)
『本』(メッシュ)
期間限定特別価格¥ 10,800(送料・税別)

宮田香里 画 「文字」を詠む シリーズ


鯛焼き

学生

ピアノ
イラストレーター 宮田香里さん

宮田香里

1973年、愛知県豊橋市生まれ。京都造形芸術大学卒業。2000年よりイラストレーターとして活動を始め、書籍、広告、商品パッケージ等のイラストレーションを制作。挿絵に、『夢見橋』『いるかの手紙』『三河の旗本退屈男』(春夏秋冬叢書)、『仏像の見方がすぐわかる本』(主婦と生活社)、『古寺のひみつ』(永岡書店)など。

町角シートとは?


住宅会社の宣伝が貼ってあり、いかにも工事中といった風合いの建築現場。これでは寂しくありませんか。たとえ建築中の現場であっても、もっと豊かな街並みを。
手の物語では、多彩なイラストレーターを迎え、建築現場をキャンバスに、様々な暮らし・文化を紡ぎ出してもらいました。
わが町を豊かにするのは、工務店の使命です。
数多のデザインの中から、町並みに似つかわしい町角シートをチョイスして、建築現場に彩りと豊かさを加える。

さあ、工務店のセンスで町を染めあげよう。

関連記事

  1. 『アセビ』 たかだみつみ

  2. 『帚木』 宮田香里

  3. 『3月(菜の花)』 味岡伸太郎

  4. 『ヒツジ』 渡邉良重

  5. 『2月(山茱萸)』 味岡伸太郎

  6. 『紅葉』斉藤弥世

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. つくばのベーシックハウス
  2. つくばのベーシックハウス