ふくろい遠州の家 びおハウスH(袋井)

設計:半田雅俊設計事務所(東京都)
施工:株式会社造居(袋井市)

どまん中袋井。
市をあげてそんなプロモーションに力を入れているのは、袋井宿が、東海道53次で、日本橋から数えても、京都から数えても27番目にあたる宿だからです。東海道のどまん中にあたり、また東海道宿でもっとも街並みが短かったと言われる袋井宿。その本陣跡のそば、東海道から少し外れたところに、ふくろい遠州の家が完成しました。

建てたのは、居場所を造る工務店・(ぞう)()さんです。

不動産、設計、現場、あらゆる形で建築と携わってきた、いつも笑顔の小澤社長が、丁寧に案内してくださいます。

袋井は、総じて軟弱な地盤の土地が多く、ここも近くを川が流れます。
そんな地盤の弱い袋井だからこそ、「びおハウスH」のシンプルで強度が高い構造を採用。耐震等級3をクリアしつつ、大きな開口部を設けることができます。
また、壁にはコーチパネルを採用。繰り返しくる余震にも耐えられる安心を目指しました。

そして、びおソーラーの集熱パネルは3枚。地上からは確認できませんが、南向きの屋根の棟に沿って横型集熱パネルが設置されています。
木製の床吹出口は、デザインを損ねず、あたたかくて柔らかい表情のパイン材の床に、溶け込んでいます。
空気の通り道、立ち下がりダクトはクローゼットの中など、見えないところを通し、暮らしていても気になりません。

ファンボックスは小屋裏に配し、メンテナンスのために簡単にアクセスできるようになっています。
設置の際に防振ゴムをはさみ、振動と音を軽減しています。

延べ床面積27坪(ロフト含まず)の、コンパクトな総2階のお家は、冬は自然の暖かさが心地よいことでしょう。

コンパクトだけど広く使える内部は、気持ちの良い一体空間。開口部からの自然な光が室内を明るく照らします。

ふんだんに使った木も、室内を明るくし、香りも心地よく、安らぎの我が家という印象です。

できた時が一番美しく、だんだん劣化していく新建材の家とは違い、木の家は経年による魅力を湛え、暮らしと一体化していく家です。
江戸時代の本陣や旅籠のように、家族にとって居心地の良い空間となってゆくことでしょう。

全国111地点シミュレーションでいうと、袋井市は同じ遠江地域「浜松」のデータをご参照ください。

関連記事

  1. 地べたの家(神戸)

  2. 太陽熱木材乾燥庫(宮城)

  3. 夫婦で愉しむ小さな家(袋井)

  4. 蓮池の家(播磨)

  5. 里山のある町角 田能三丁目あたり に号地(尼崎)

  6. 下田島モデルハウス(太田)

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. つくばのベーシックハウス