里山のある町角 田能三丁目あたり に号地(尼崎)

p_tanou05

設計:半田雅俊設計事務所(東京都)
施工:株式会社いなほ工務店(尼崎市)

尼崎市・田能あたりは、豬名川の恵みの元、弥生時代から集落のあった暮らし良い土地です。周囲には今でも田畑が多く残り、公園や河川敷の緑に囲まれ、高層ビルは見られないという、都市部では稀有な緑のオアシスです。

ここに、地元の工務店・いなほ工務店さんが『里山のある町角』をつくりました。緑豊かな農業公園を借景に、8つの木の家が集落を形成しています。
半田雅俊さん設計の「びおハウスH」は、しっかりとした躯体をつくり、内部は可変的で自由な住まいを目指す住宅です。

p_tanou01

集熱パネルを3枚載せた2階リビングの「に号地」は、細かい部屋割りをしない一体空間で、木を感じられる建物です。
玄関を入ると、空気感の違いが感じられます。ふんだんに用いた木と、白を基調とした壁が、すっきりとした印象を与え、木を多く使った時のゴテゴテとしたイメージを感じさせません。

p_tanou02

畳スペースもあり、広くて過ごしやすいリビングは、家族の集いの場となるでしょう。ハシゴを上ったその上のロフトに、びおソーラーのファンボックスが設置されています。

p_tanou06

接続ボックス、電動ダンパー、ファンボックスを通って、ダクトが床下へ向かって伸びている様子がわかりやすい、シンプルな施工が行われています。

p_tanou03
p_tanou04

階段部分は大きく抜けていて、びおソーラーの暖気が2階へも上がっていく構造です。畳コーナーの机の前に腰掛ければ、階段の上に足がブラブラ……。
なんとも楽しい一体空間です。

p_tanou07

一階も、扉を閉じれば個室、開けば大空間となり、自由度の高い間取りです。リビングの床をびおソーラーで暖めるのも良いですが、寝室をほんのりと温めるのも効果的です。冬に寝室に行く勇気が、ほとんどいらなくなりますね。

p_tanou08

この敷地は旗竿地で、その面積は33.78坪しかありません。採光を得るためもあり、2階リビングプランを選んだとこと。
都市部の狭小地でも、屋根にはしっかりと太陽が当たります。その太陽の熱を、しっかりと活かすことができるのがびおソーラーです。
地上から集熱パネルを見ることができなかったため、建設中の集熱パネルの写真です。棟を金物でしっかりと包み、雨仕舞いがしてあることを確認できます。

全国111地点シミュレーションでいうと、尼崎市は「大阪」のデータをご参照ください。

関連記事

  1. p_izumo01

    美しい出雲の木の家 びおハウスH(出雲)

  2. p_watashi01

    わたしの家。(川西)

  3. p_bouldering01

    ボルダリングの家(富士)

  4. p_jibeta02

    地べたの家(神戸)

  5. p_kanou01

    びおハウス加納(長浜)

  6. p_hoshiya01

    和み小町布施屋 びおハウスH(和歌山)

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

  1. e_shamei2
  2. e_machikadoo
  3. 空気集熱式パッシブソーラー
  4. e_meso
  5. kinosenni-img05
  6. almhisashi
最近の記事 おすすめ記事
  1. p_hoshiya01
  2. もっと建築でやろうよ
  3. 塾長・田瀬理夫さんもプランを引きます
  4. 第3回「Webびお養成塾」
  5. planner001
  6. もっと建築でやろうよ2018春の勉強会ニュース
  7. p_kanou01
  1. 第3回「Webびお養成塾」
  2. p_sukura02

    2017.07.13

    Sukura(浜松)
  3. firstframe
  4. p_tanou01
  5. netatmo_photo
  6. p_bouldering01
  7. image02