蓮池の家(播磨)

p_hasuike01

加古川と明石の間に、水に恵まれた地域があります。
地図を見ても、その池の多さに驚きます。
その播磨町、蓮池の名を持つ地域の町並みに、「蓮池の家」が新たに加わりました。

p_hasuike02

緑にかくれていますが、びおソーラーの集熱パネルが4枚、屋根に載っています。
かなりの段階まで設計が進んでから、びおソーラーの導入が決まったため、取り付け方法は<C:集熱パネルのみ>(びおソーラーマニュアル第3部参照)です。
Cの設置方法の場合、嵌合立平の取り付け金物のみ、手の物語でご用意が可能です。

p_hasuike05

設計当初より、床下エアコンを採用されていたため、びおソーラーの情報が入ってきた際に、「併用しよう」と決められたそうです。
ガラリの中に、エアコンの室内機が目立たないよう収まっています。
こちらの食堂は、落ち着いて、ホッと一息つける空間です。
木の柔らかさをバランス良く配することにより、空間の質を高めています。

p_hasuike06

床下エアコンは停止していたのですが、どうも上の方から涼しい風を感じます。
振り仰ぐと、上部は大胆にガラリが使われています。そのガラリを通して、2階から涼しい微風が降りてきているのです。

「少し蒸し暑かったので、エアコンを回しているんですよ」と大久保さん。
2階へ上がってみると、学習室の壁にエアコンが。
なるほど、壁に当たって風が階下に降りてゆく設計になっているのですね。

暖気は下から上へ流れる。逆に、涼気は上から下へ。
ガラリや壁の配置を利用して、全館を快適に保つ工夫がなされています。

p_hasuike03
p_hasuike04

床吹出し口は、木製。これは、手の物語のものではなく、もともと床下エアコン用に手配されていたものです。
コールドドラフトを防ぐ意味もあり、掃き出し窓の下に設置されています。

立ち下がりダクトは、2階では押入れの中を通っています。この建物では、棚を付けるために壁で覆っています。この中を、外径φ200、内径φ150のグラスウールダクトが通っています。

実は、この家の施主は、古田建築設計事務所の大久保 武志さん。自らの家を設計されたというわけです。設計中にびおソーラーのことを知り、ぜひやってみたいとご連絡をいただきました。

「冬が来るのが楽しみですね」と大久保さん。
梅雨前なので、今は冬モードで動かし、基礎のコンクリートを積極的に乾かしています。
梅雨明けには夏モードに切り替えることにより、朝目覚めた時、涼しさを感じていただけることでしょう。

「体感してみて良かったら、どんどん施主さんにすすめられます」と、力強い言葉もいただきました。
日照条件・気候から考えても、播磨あたりは空気種熱式ソーラーに適した地域です。
全国111か所シミュレーションをご覧ください。
このあたりは、「姫路」のシミュレーションデータを参考にしてみましょう。

今回、突然の訪問にもかかわらず、あたたかくお迎えいただき、ありがとうございました。
新居完成、おめでとうございます。

関連記事

  1. p_hoshiya01

    和み小町布施屋 びおハウスH(和歌山)

  2. p_umaji01

    馬路村森林組合事務所(土佐)

  3. p_korekara10

    これからの家(神戸)

  4. p_bouldering01

    ボルダリングの家(富士)

  5. p_shimotajima01

    下田島モデルハウス(太田)

  6. p_tanou01

    里山のある町角 田能三丁目あたり に号地(尼崎)

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

  1. wip
  2. e_machikadoo
  3. e_shamei2
  4. e_meso
  5. almhisashi
  6. jpanel-img03
最近の記事 おすすめ記事
  1. 20180531夏の設計セミナーニュースNo3_01
  2. p_hoshiya01
  3. もっと建築でやろうよ
  4. 塾長・田瀬理夫さんもプランを引きます
  5. 第3回「Webびお養成塾」
  6. planner001
  7. もっと建築でやろうよ2018春の勉強会ニュース
  1. p_sukura02

    2017.07.13

    Sukura(浜松)
  2. p_hoshiya01
  3. p_bouldering01
  4. メソポア珪藻土チラシお試しキャンペーンo
  5. 塾長・田瀬理夫さんもプランを引きます
  6. もっと建築でやろうよ2018春の勉強会ニュース
  7. p_umaji01