びおハウス加納(長浜)

p_kanou01

設計・施工:シーク建設(長浜市)

広大な琵琶湖の北東に位置する長浜市は、湖北地域の中心地だ。
羽柴秀吉が開いた城下町は、楽市楽座で賑わったが、今は歴史をたたえた静かな街並みと、湖と山が織りなす豊かな自然に、心洗われる観光地でもある。

びおハウス加納は、そんな長浜の中心である長浜駅から東へと進んだ、田園風景の先にある。

p_kanou07

近年は少なくなったとはいえ積雪のある冬を越え、梅の花とともに春を喜びを感じるこの地域では、びおソーラーは主に春と秋、過ごしやすい「中間期」を延長する役割りを果たす。

冬、外気温がマイナスでも、おひさまが顔を出せば集熱運転はできるが、パネル上に雪が積もるとそうもいかない。
しかし、春の訪れは早く、早々にエアコンを止め、晩秋までエアコンを動かさずに済むのがびおソーラーの効果だ。
夏の夜間は、外の涼気を取り込む夏運転により、特に初夏や晩夏は、夜間と午前中の暑さが多少なりとも和らぐ。

冬の補助暖房としては床下エアコンを設置し、集熱の少ない時期でもびおソーラーと同じ空気の流れで、基礎のコンクリートに蓄熱し、輻射熱で床を温める。

p_kanou06

シャープな鉄板屋根に溶け込むデザインのびおソーラーのパネルは3枚。床面積30.4坪の、小さいけど広く暮らせる家の外観はスマート。それでいてぬくもりを感じさせるのは、木のファサードの所為であろう。

p_kanou04

室内に入ると、一階はゆとりを持った一体空間。
吹き抜けを通じて光が入り、空気が流れ、上下階のつながりが生まれている。

吹き抜けの麓の掃き出し窓から、段差無く外へと続くウッドデッキは、リビングの一部であるかのようだ。

p_kanou05

また、一・二階ともに、作り付けの造作家具が、空間をスッキリと見せている。

p_kanou03

二階の子ども部屋も、将来仕切れるようになっているが、今は一体空間。
住まい手の家族構成の変化や、その時々の暮らし方、生活スタイルに対応できる柔軟さを兼ね備えている。

p_kanou02

木製の床吹き出し口も、自然室温で暮らす家にはとても似つかわしく見える。

できる限り自然室温で暮らそうというコンセプト。
そんな暮らしを叶える自然の力と自然素材を活かした家に住むと、なんだか季節の移り変わりにも敏感になり、四季の機微を楽しめる。

全国111地点シミュレーションでいうと、長浜市は「京都」のデータをご参照ください。

関連記事

  1. p_korekara10

    これからの家(神戸)

  2. p_watashi01

    わたしの家。(川西)

  3. p_izumo01

    美しい出雲の木の家 びおハウスH(出雲)

  4. p_sukura02

    Sukura(浜松)

  5. p_umaji01

    馬路村森林組合事務所(土佐)

  6. p_jibeta02

    地べたの家(神戸)

現在のカートの中身

  • カートの中身:0個
  • 合計金額(送料・税別):0円

カートの中を見る

半製品一覧

  1. e_shamei2
  2. wip
  3. e_meso
  4. 空気集熱式パッシブソーラー
  5. almhisashi
  6. kinosenni-img05
最近の記事 おすすめ記事
  1. 20180531夏の設計セミナーニュースNo3_01
  2. p_hoshiya01
  3. もっと建築でやろうよ
  4. 塾長・田瀬理夫さんもプランを引きます
  5. 第3回「Webびお養成塾」
  6. planner001
  7. もっと建築でやろうよ2018春の勉強会ニュース
  1. もっと建築でやろうよ
  2. netatmo_photo
  3. p_umaji01
  4. p_kasui02
  5. p_tanou01
  6. p_kanou01
  7. image02